振袖の選び方 サービス 着物の知識 京友禅
着物を知ろう!
着物の基礎知識を詳しく説明していきます。

まずは着物とはどんなものなのでしょう?そんな疑問にお答えいたします。洋服とはまったく構造が違う着物の各部分の名称は、ご購入される際にも役に立つコトが多いので、ぜひ参考にご覧ください。

着物の名称
その他アイテムの名称
着物の種類

着物にも種類は様々です。振袖・留袖・訪問着・紬に小紋などです。着る場面はTPOでそれぞれの状況や立場に応じて変わります。

  • 黒留袖はミセス-既婚女性-の第一礼装で、両胸、背、両外袖の5カ所に代々母方より伝わる家紋を染め抜き、裾模様を付けた祝儀のための着物です。色留袖は未婚者も着られる祝儀用の第一礼装です。紋の数を減らすと格は下がりますが、着用の範囲は広がります。

  • 袖の長い振袖は未婚女性の第一礼装です。

    袖丈は数種類あり、袖丈が長いほど格調高く改まった感じになります。

  • 訪問着は、一つ紋をいれた、紋付の仲間です(礼装用きもの)社交着として幅広く着られ、また訪問着には未婚、既婚の区別はありません。付け下げは訪問着より柄が少ないものですが、現在では訪問着と付け下げの区別が殆ど、なくなっています。それぞれの柄付けは好みで判断すれば良いでしょう。

  • 別名黒紋付と呼ばれる第一礼装で、格は一番高い着物です。五つ紋を入れた黒無地の着物に、黒共名古屋帯、黒の帯締め帯揚げをします。 既婚、未婚は問いません。 正装なので、本来であれば、結婚式にも袋帯で、着用可能ですが、現在では 黒留袖が主流なので、お葬式にしか着用しないようです。

  • 総柄の着物です。柄のつながりは全体にはありませんが、華やかな着物です。カジュアルに、ちょっとしたオシャレをしたい時に重宝します。例えば、初詣、クラス会、日曜の外出、仲間との食事などに向いている着物です。紋を入れることはありませんので、礼節を重んじる席には不向きです。

  • 色無地は用途によって着分けることができる利用範囲の広い着物です。紋を付けると格式が高い装いになり、帯を替えればオシャレにもなる応用範囲の広い着物です。お茶席には、一番重宝されます。

 
基本となる立ち居振る舞い
動き方のコツを知って、もっと振袖美人

着慣れない振袖での動作は何となくぎこちなくなってしまいがち。でも、長い裾や袂、背中の帯結びなど、ポイントさえわかっていれば、大丈夫!!着物の本質が解かれば、動きがスムーズになるだけではなく、振袖姿がいっそう美しく見えます。基本となる立ち居振る舞いのコツを覚えておきましょう。

美しい着物の着方 自然な振る舞いで、もっと楽しい振袖姿
  • 正座をする時は、膝を曲げる前に、振袖の前裾(横太ももの辺り)を持ち上げると、膝から前に余裕ができます。右手で膝下あたりを押さえながら座ると、裾が乱れません。座ったら、袖を軽く左右に流して両手を膝の上で自然に重ねます。立ち上がるときは、腰を浮かせて両足のかかとを同時に上げてつま先を立てるようにします。

  • 座るという動作は、裾部分が下に引っ張られる動作です。腰紐がずれる原因になりますので、できるだけ、膝部分に引っ張りをかけないため、左右の布と太もも部分辺りを少し引き上げてから、膝にゆとりを持たせて、座りましょう。また、ソファーなど、低いイスにかけるときは裾が広がってしまうことがあります。足に着物を巻きつけるように太ももの下に入れ込むように座ると、足が開きません。また、背もたれがあるイスの場合、深く腰かけると帯の形がつぶれてしまうため、イスの半分くらいのところに腰をかけ、背筋をのばすようにしましょう。袖は床に引きずらないよう、膝の上に重ねて置くようにします。バッグは背もたれと体の間に入れておきます。

  • 足首やふくらはぎが丸見えにならない程度に裾を少し持ち上げます。階段の上り下り袖と裾を踏まないように気をつけます。袖は重ねて左にかけ体を斜めにするとキレイに見えますよ。

  • 基本下腹に力を入れて、背筋を伸ばします。洋服でも一緒です。伸びのある姿勢を心がけましょう。しかし、知らず知らずの間に足が開いてしまいます。写真や人前に立つ時は足が揃っているか?
    常に意識してください。

  • まず着物の裾の両端をつかんで開きます。次に長襦袢、肌襦袢の順番に、一枚一枚めくって、最後に肌襦袢の裾の先を大きく上に上げて行きます。むささびのように広げたら、着物から長襦袢、袖を全部風呂敷の中に入れ込むようにして、胸元辺りで、ぎゅっとかた結びをします。ここはしっかり結んでください。バルーンスカートのように全部入ったら、手は自由自在に使えます。トイレはなるべく広めの個室や洋式を選ぶようにしましょう。終わったら、また、一枚一枚戻していきます。鏡の前でもう一度チェックも忘れずにしましょう。着付けが終わった時の状態(完璧な着付けの状態)をしっかり覚えておくと調整もしやすいです。

  • 車に乗り込む時は、まずは体の前で袖を合わせます。座席に腰を下ろし、髪型を崩さないよう注意しながら頭を入れ、最後に足をそろえて体を回転させるようにして入ります。降りるときは、乗るときの逆で足、頭、腰の順番です。

  • 少し離れたところにあるものに手を伸ばしたり、手を上に上げた時、袖口がめくれ上がると、美しくありません。そっと手を袖口に添えるようにするとキレイに見えます。荷物が多いときは、できるだけ1つにまとめてしまいましょう。右手を空けておくと、裾がめくれた場合でも上前を押さえることもできます。慣れないスタイルなので、できるだけゆっくりと動作をしましょう。華麗で優雅に見えますよ。