洗い張り・仕立て直し クリーニング 補修

新しい流行の振袖はもちろん素敵ですが、想いのたくさん詰まっている、お母さんの振袖も、現代風にアレンジすることにより、息を吹き返すことができます。着こなしによって振袖をより素敵に----
昔の振袖は、品質の高い仕事が施されているものが多く、また、古典柄などは流行に左右されることもなく、昔に作られたものでも現在の振袖に見劣りすることはありません。みやびでは、大切な人間関係は「家族」が原点であると考えており、家族・信頼をテーマにしております。家族の絆の振袖の意味・その想いを大切にさせていただきたいと思います。

洗い張り・仕立て直し
洗い張り
本物の着物説明文

洗い張りとは、仕立てられた着物をほどいて、反物の状態に戻してから水洗いをすることです。着物の糸を解いて反物の状態にし、水洗いした後、糊付けをします。絹は水洗いするたびに生き返り、もとの張りと光沢を取り戻します。着物のリフォームの際には、一度洗い張りをしてからお仕立てされることをオススメします。

その後着物として使用するには仕立てをしますが、柄付けによっては、生地の前後左右を入れ替えるなど、以前の着物から雰囲気を変えることもできます。

本物の着物説明文
本物の着物説明文

仕立て直しとは、仕立て上がっているものを、全てほどいて、縫い直すことをいいます。サイズが合わない場合に丈を調整するリフォームです。着物は、洋服の立体裁断と違って、反物を直線裁断して縫い合わせることで作られます。

befor after
クリーニング
クリーニング イラスト

着用時にかいた汗はそのときには見せませんがそのままの状態で保管などをしておくと、シミ・カビの原因となったり、色抜け、黄変とさまざまなトラブルの元となります。
ひと晩ほど陰干しして湿気をとり、お天気の良い乾燥した日に収納します。振袖だけではなく、袋帯、長襦袢、帯揚げなどの小物類も一緒に干しましょう。
また、定期的にクリーニングすることをお勧めいたします。

  • 丸洗いは仕立てを解かない状態で、最新の機械、特殊な溶剤を使って洗います、全体的な薄汚れや軽微な汚れをリフレッシュ、風合いを保ちながら、また友禅や刺繍、金彩といった特殊加工を傷めずにきれいに洗うことが出来ます。
    丸洗い後はプレス機にてきれいに仕上げます。着物のほか帯等も丸洗いできます。
    丸洗いで落ちない変色やしみは、別に加工が必要です。

  • 物を着た場合には、帯等で体を締め付けますので、汗をかいた自覚がなくても少なからず汗が付着しています。
    着物についた汗をそのままにしておくと、時間の経過とともに汗に含まれるたんぱく質が化学変化をおこして、着物が全体的に黄色に変色(黄変ジミ)します。一度化学変化(黄変)をおこした着物は、現状回復が困難になるだけではなく着物の寿命を縮める原因となります。汗取りは、汗が付着した部分に、蒸留水を霧吹きしたあと、布で丁寧に汗をふき取ります。汗が付着しているかどうかは、霧吹きするとにより判りますので、完全に取れるまで作業を繰り返します。

  • 着物の着用ジワや帯の結びジワを職人の技術で一点一点手作業にてプレス加工を行います。
    次回着用時にシワのない着物でお出かけ下さい。

補修
  • 着物を着用したら、どこかシミや汚れがないか片付ける前にじっくり確認したいものです。
    そのままにしておくと、取れないシミになります。次に着る時に慌ててしまいます。
    もしご自分で見る自信がなければそのままお店までお持ちください。プロの目で見て確認いたします。シミの原因がわかり、早い対応であればほとんどの場合、取ることができます。
  • しみ抜きでは修正できない、生地の色ヤケや色落ちも再生することができます。
    「アンティーク着物やリサイクル着物を購入したけれど、色ヤケが気になる」
    「長年タンスに入れておいた着物を開けてみたら、色が変わっていた」
    など、しみ抜きでは対応できないトラブルに見舞われることがあります。
    ブルー系やグリーン系は特に色ヤケ・色落ちしやすいので注意が必要です。

  • 着物の地色を変えるリフォームです。少し地味な印象の振袖を華やかに、派手めのものをシックな雰囲気にすることができます。刺繍などで模様をプラスすることも可能です。
    お持ちの着物の色・柄を染め替えすることにより、古い着物が見違えるように美しくなります。色や柄を替えることによって着物の雰囲気ががらりと変わります。
    また日焼けやカビによる変色部分を目立たなくしたり、白地の着物のしみや汚れを隠したりなど、染め替えは着物の補修に役立ちます。

  • 本物の着物説明文
  • 本物の着物説明文
  • 着物に施されている金彩加工のお直しや、落としきれないシミや汚れを金彩加工により補正することは勿論、元々ある金彩加工のイメージを変えたりすることも出来ます。

  • 刺繍糸が浮いたり、駒刺繍を止めている糸が切れたときや、元々入っている刺繍のほつれ直しや、汚れ・シミ・穴あきなどを刺繍加工を施すことで補正します。

  • オリジナル小物を作成
    お仕立の際に残布として残った生地を利用して様々な小物に変身させます。世界に一点だけのオリジナル小物となるでしょう。